タグ

タグ:カメラ

猫撮影用にオリンパス M.ZUIKA DIGITAL 45mm f1.8という新しいレンズをゲットしました!

カテゴリ:
8
 シルバーとブラックの二色展開でわたくしはシルバーの方をヤフオクにてゲットしました(⌒∇⌒)
 45mmは中望遠レンズに分類され、猫を撮る時も少し離れたところから撮れるので自然な表情を撮れるのを期待できます。
 またf1.8と明るいレンズなので綺麗なボケも期待できる。綺麗なボケって?お笑いの話?言葉で説明するのは難しいのでこのレンズで撮った写真を載せます。
PB280142
 背景は葉っぱや枝ですが、もうほとんど緑色の模様みたく写っています。このようにピントを合わせた所以外がぼんやりと写るのをボケと呼んでいます。
 背景をぼかすと主役の猫が引き立って良いですし、なんとなく本格的な写真みたく見えます(笑)
 実際はぼかせば良いというほど写真は簡単ではないんでしょうが、初心者の私としては何となくイイ感じに撮れた!というだけでテンションがあがります

 ではこのレンズで撮った他の写真もいくつかどうぞ
PB280069
PB280070
PB280139
PB280145
PB280154
PB280161
 実にキレイにボケます。そのうえピントが合ったところはきちんとシャープに写ってます。
 ボケ大好きな私にとっては良い買い物でした。これからこのレンズでドンドン傑作猫写真を撮りたいと思います(⌒∇⌒)

カメラなんてスマホに付いてるヤツで十分と思っていた私がミラーレス一眼を購入した結果…


 非常に良い!猫たちがキレイに撮れるのだ!
ウシコ ベージュ
 私がカメラに希望したのは
①暗い所でフラッシュ無しでキレイに撮れる
②背景をぼかせる
である。  

  猫を飼っている方はお気づきだと思うが、猫というのは
薄暗い所の方がカワイイのだ。眼がクリクリして可愛いし、夜行性ゆえに活発になって表情も豊かだ。
 しかしカメラにとっては薄暗い所は苦手分野であり
ブレやすい 。ならばとフラッシュを焚くと目が光ってしまって可愛さが台無しに('A`|||)
 しかし最近のデジカメはかなり暗い場所に強くなっているようだ。
659
▲オリンパス OM-D E-M10 レンズはM.ZUIKO PREMIUM 25mm f1.8 私にとっては贅沢すぎる一品
 下のしまくろうの写真は夜中に部屋からこぼれる光のみで撮ったもの。撮影後に手を加えていない撮ったまんまである。スマホのカメラに比べるとやはりブレ難いしキレイである。 
PA220084
 我が家の猫たちはは椅子とテーブルの間のスペースが大好きでよく寝ているのだが、ここも薄暗くてなかなか撮影しづらかったのだが・・・
PA230244
  こんな感じ。明るく撮れました。ただ感度を上げ過ぎたせいでキメが荒くなってしまった (´;ω;`)
 まだ買ってまもないですからね・・・;^_^A

 暗いところに強いだけならコンパクトカメラで十分なのだが、
背景をぼかしたいとなると一眼レフが欲しくなる。正確にはカメラというよりもレンズが重要なのである。
 レンズの
f値が小さいほど背景がぼかしやすくなる。(なぜそうなるか私もよく分からない(´・ω・`))しかしコンパクトカメラに付いているズームレンズはf値が大きいのだ。
見上げるウシコ
 それに対し、一眼レフカメラに装着できる
単焦点レンズはf値が小さいものが多く都合が良い。
 しかし私がやたら背景をぼかしたがっているのはなぜか。芸術的な意味よりも雑然とした部屋が映り込まないようにしたいと思っていることは秘密である。
3号の横顔
 自分はカメラが趣味ではなく猫が趣味なのだが今回このカメラを手にしてみて、カメラにハマってしまう人の気持ちが少しだけ分かった気がする。
 猫が可愛く撮れた時は
超気持ちいい! レンズを変えたり、絞りやシャッター速度を変えるとまるで違う絵になってオモシロイ!
 このカメラでどんどんニャンコたちを撮ってブログにアップしたいと思います!.。゚+.(・∀・)゚+.゚ 

このページのトップヘ

見出し画像
×