カテゴリ

カテゴリ:ニャース

箱入りニャース

カテゴリ:
PB180175
「ニャース先輩遊びましょう!」(。・ω・)ノ゙

PB180176
「ぼく眠たいんでそっとしておいて」( ̄∠  ̄ )ノ

PB180179
「じゃ、ウシコとあそぼ」

PB180180
ドタン、バタン!「・・・」

PB180182
ドタン、バタン!「・・・」('д` ;)
 
PB180191
「眠れやしない!」(; ̄Д ̄)

PB180193
「うるさかったですか?」
「うるさいよ!」(`・д・´)

PB180199
「怒ってます?」
「いや怒ってないよ」


PB180207
「でもちょっとは怒ってません?」
「怒ってなーい!(# ゚Д゚)」


PB180209
「いつのまにかにホントに怒ってしまった」 

PB180212
「すっかり目が覚めちゃったよ・・・」 ('A`)

ビビりながらも出かけるニャース

カテゴリ:
ボス猫しまくろうにビビりまくるニャースは
PB060077
「しまくろうはいないか?」
((((;´・ω・`)))

PB060078
「こっちは大丈夫か?」
((((;´• ω• `)))

PB060081
「後ろ側は・・・」
ω•`))))

PB060070
「向こう側は・・・」
((((; ゚ Д ゚ )))

PB060080
ずいぶん慎重ですね
「ビ、ビビッてねーし」(゚д゚)

強がるニャースであった・・・

犬のような猫「ニャース」

カテゴリ:
 家に帰ると玄関で出迎えてくれる犬のような猫、それが「ニャース」
073
  以前の記事でも書きましたが、ニャースは突然やって来て
その日のうちに家猫になってしまった猫である。きっとかつては誰かに飼われていたのであろう。人に対する警戒心がないのだ。
220
▲変な寝相のニャース
 しかしニャースはなかなかの問題児であった。飼い主のこともひっかく。トイレが気に入らないと、どこでもおしっこしてしまう。どこにでも上って上に乗っている物を片っ端から下におとす。正直、心が折れてどこかに捨ててこようかと思ったことも一度や二度ではありません(T_T)

 そしてもう一つの問題は他の猫と仲良くできないことであった。なんだか猫界の常識が分かってないらしく、他の猫と上手くコミニュケーションがとれないようなのだ('A`|||)
 普通、猫は兄弟猫と遊んでいる時期に猫界の礼儀や常識を学ぶもの。ひょっとしたらニャースは生まれたての時に一匹だけ引き取られ人間に飼われたのではないのだろうか?
007
▲他の猫と上手くコミニュケーション出来ないニャース
 そんなニャースも今やだいぶ家猫らしくなり、他の猫とも少しづつ仲良くやれるようになりました。これは後輩の子猫たちがニャースにグイグイ近づいて遊んでくれたおかげです。ありがとう、子猫たち!(*´∇`*)
020
 あいかわらず、
しまくろうだけはビビッてしまって仲良く出来ないけど、いつの日か仲良くなってくれたらいいなぁ (´▽`) 

ニャース襲来!

カテゴリ:
元野良猫しまくろうがだいぶ馴れてきたので家猫にしたいなぁと思っていたところに・・・!
初めてのニャース トリミング
 この子だれ!? Σ(=゚ω゚=;)
 
闇夜に浮かぶ鋭い眼光の猫が!
はっきり言ってコワイ・・・。
先日の「しましろう」に続いて3匹目の猫である。

私が二階で用事を済まし、20分ほどで一階に戻ってくると
「あれ⁉入ってる⁉」 Σ( ̄ロ ̄|||) 
さっき の猫が家の中に入っているのだ!しかも父の隣の椅子で寝ているではないか!

聞けば、父が窓を開けた隙にするりと家の中に入り、足元にスリスリしてあっという間に父のハートを射抜いてしまったのだという。
こうして「ニャース」は家猫第一号になったのである。 

初めは人相の悪かったニャースであるが、愛猫として可愛がっていると顔つきが変わってきました。

 最近のニャースこちらは最近のニャースです。
こちらは超リラックスしてる様子です。

可愛がってると顔まで変わってくるものですね。
めでたし、めでたし・・・

と、喜んでばかりもいられないのです。
このニャースとしまくろうは超仲悪いことが発覚したのです。。・゚・(ノД`) 
ひょっとして、しまくろうは
「僕が先に家猫になるつもりだったのに!」 
BlogPaint
と思っているのでしょうか?

こちらも飼いたいと思っているし、しまくろうも満更でもなさそうなのに家猫に出来ない難しい状態になってしましました。(´;ω;`)

なんとか仲直りしてくれて、両方とも飼えると良いのですが・・・ 

このページのトップヘ

見出し画像
×